お探しの情報は見つかりましたか?

薄毛で苦しむ男性のおおくは男性型脱毛症と云われる。
その男性型脱毛症の対策として、内服薬や外用薬、かつら等が有るが、ここでは外科的な施術である植毛にかんして談じる。

ミノキシジルは血管を拡げて血圧を下げる働きを持ち、本来は悪性高血圧症の薬として使用されていた。
この薬を開発していた調査者の毛が濃くなった事をきっかけに育毛剤としての開発が始まり、男性型脱毛症の髪を再発達させる効果が認められ、アメリカで外用発毛剤として販売されはじめた。

★後遺症は?
毛を移植した部分の根元に血液が固まってかさぶたが出きる。
これは1週間ほどで自然にはがれて綺麗に治る。
後頭部の頭髪を採取した部分はメスで切り取って縫合して有る為、腫れや痛み、頭皮の異和感をおぼえる人もいるようである。
またまぶたや額の腫れを訴える人もいる。
これらは手術後1週間レベルで改善するようである。

例を挙げると水仕事がつづくと手が荒れたり、疲労を感じて肌荒れがおきたりと云う事は相当の人が経験しているとおもう。
頭皮も手や顔と同じ皮膚であるから、同じ事が云えるのである。
優しく扱う事が肝心である。



カテゴリ

タグ