お探しの情報は見つかりましたか?

髪の毛にまつわる迷信には多種多様なものが在り、どれも興味深く、その理由を吟味してみるのも興味深いものである。
ただ、その全部がただしい情報であるかと云ったらそうではなく、真実かただの迷信なのかを見定めなければいけない。
脱毛症の改善を熱望している人は、どのような迷信でもいいから髪の毛にまつわる話は全部吸収したいとおもうかも知れない。
そこで、ここではこのような迷信の1つ[帽子をかぶるとはげる]と云う話にかんして、観ていきたいとおもう。

使用するタイミングは、シャンプー後に水分をよく除去したらすぐ使用するのがおすすめである。
例を挙げると1日2回使用するタイプの育毛剤であれば、1回は入浴直後に使用すると良いだろう。
育毛剤の成分は頭皮の毛穴の少なくない部分から吸収されやすい為、シャンプーをしてフケや脂等の汚れを除去した清潔な頭皮に使用すれば、汚れた頭皮に使用するよりよく吸収される事が待望出きる。

しかし帽子をかぶっていると絶対にはげるとは言い切れない。
帽子をかぶって仕事をしている人に脱毛症が少なくないかと云うと、そうじゃないからである。
むしろ、帽子は頭髪を紫外線から守る為に活用したいアイテムと云える。
紫外線が頭に当たると、頭皮に日焼けの炎症が生じる。
髪の毛では紫外線を浴びる事でアミノ酸の結合変化が起こり、髪のキューティクルがはがれ、乾燥が進んでしまう。
乾燥による脱毛も有る為、頭髪を守る為にも紫外線を浴びない努力は必要に成る。
帽子を選択する際は、UVカットされたものが望ましく、出きれば黒等色の濃いもの、通気性のよいものを選択するようにして欲しい。

ストレスという心理的負荷にも人間関係や将来に対する懸念等の心理的ストレスという心理的負荷、仕事のノルマや残業、昇進等の社会的ストレスという心理的負荷、病気や睡眠不足等の肉体的ストレスという心理的負荷、紫外線や煙草、冷暖房等の物理的ストレスという心理的負荷等実にたくさん有る。
また[嫌だな]と苦痛に実感する事ばっかりがストレスという心理的負荷であるためではなく、自身では楽しいとか気持ち良いとおもっている事でも心がググッと動作する時には気付かないうちに体がストレスという心理的負荷を実感していると云う話も有る。
今いっぺん自身の生活を改善して、どこかで気持ちが無理していないか、耳を澄まして心の声を聴いてみて欲しい。



カテゴリ

タグ