お探しの情報は見つかりましたか?

髪の毛が薄くなってきて苦しんでいる男性はおもった以上にたくさんいる。
周囲はなんとも実感していなくても、自身は薄毛だと思い込み落ち込む人もいる。
[どうして男ははげるのだ?]このような風に実感しているのだろう。

髪の毛を大幅に分けると、皮膚の中にもぐって外からはみえない毛根部分と、皮膚の外にでている毛幹部分が有る。
毛根は毛包と云う膜に包まれており、毛包の上部には皮脂腺がつながっていて皮脂を分泌している。
毛根の下部は卵型をした毛球と呼称される部分で、その底に毛乳頭(いわば髪の毛の生産工場)が有る。
毛球には髪を発達させる毛母細胞がつまっていて、毛母細胞は毛乳頭に通じている毛細血管から栄養をもらい、分裂をくりかえしながら上に伸び、髪の毛となっていくのだ。

クリニック選びの際に尊重したい質は、なんと云ってもまず初めはドクターの知識と経験、技術にかかっている。
プラスして植毛後のトラブルにも対応しているか、アフターケアにかんしても確認しておくと良いだろう。
施術前のカウンセリングも肝心である。
手術前に長所だけでなく短所や危険度にかんしても充分な解説を行ない、その上で手術を受けるか受けないかを患者自身が決定される考え方(インフォームド・コンセント)が徹底されている事も重要である。

★感染症による脱毛症
ヘルペスウィルス、真菌、ブドウ球菌等の感染により、頭部湿疹のような症状から脱毛が生じる事が有る。
重傷化して完璧に脱毛してしまう前に、頭皮のかゆみ、赤みがつづくようであれば、皮膚科を検診して欲しい。

これ以外、抗がん剤に拠って生じる脱毛はよく認識されている。
おおくは薬の服用を中止する事で、脱毛症状が留まる。



カテゴリ

タグ