お探しの情報は見つかりましたか?

自身の薄毛や脱毛症に気付いて懸念になった人のおおくは、市販の育毛剤を試してみようかと考慮した事があるとおもう。
現状、日本でも相当の育毛剤が販売されており、どれを選びどう使用すれば効果的なのか戸惑ってしまう事だろう。

しかし男性型脱毛症のケースの場合では、ストレスという心理的負荷と脱毛の直接的な関係はないとされている。
思春期以降、殊更に30代辺りから男性型脱毛症患者の割合が増大するが、この頃はちょうど家庭でも職場でもストレスという心理的負荷を抱く年代であるため[ストレスという心理的負荷が少なくないとはげる]と云われるようになったのかも知れない。

更に進展すると、休止期のまま発達しない毛根が増え、新しく毛を生やさなくなり、最終的に細くやわらかい毛の本数までも減少してしまう。
毛母細胞の発達を制御しているのがジヒドロテストステロンと云う物質で、これは男性ホルモンであるテストステロンから、5αリダクターゼと云う酵素の働きに拠ってつくり出されたものである。
5αリダクターゼの働きが強まると、男性型脱毛症の症状が進むと云うわけである。

脱毛の進展を制御するための薬[フィナステリド]は5αリダクターゼの働きを制御するものである。
フィナステリドは新しく毛を生やすのではなく、硬毛の軟毛化を制御する働きをする。
薬効にかんしては後ほど談じたいとおもう。



カテゴリ

タグ