お探しの情報は見つかりましたか?

男性型脱毛症に苦しむ人の熱望となり得る自毛植毛の技術は、実は戦前の日本人調査者が元祖だったようである。
その調査結果が戦争に埋もれてしまった他方で、医療先進国であったアメリカで植毛手術が発表され、そこから世界中に拡大していった。
近頃になって日本人調査者の論文が発見され、ようやく日本人の貢献が認められたようであるが・・・・・・

[濃度が高い方がより効きそうだから、外国製の育毛剤をいっぺん使用してみたい]脱毛症に苦しむ人ならいっぺんはそうおもった事があるかも知れない。
疑う余地もなく適切成分の濃度が高い方が、発毛効果もよりあるのじゃないかとおもわれるが、その分、頭皮を荒らしてしまう可能性も高くなる。
日本製の育毛剤のミノキシジル濃度が低く設定してあるのは、一般的に日本人の頭皮が欧米人よりデリケートであるためと考慮される。

更に進展すると、休止期のまま発達しない毛根が増え、新しく毛を生やさなくなり、最終的に細くやわらかい毛の本数までも減少してしまう。
毛母細胞の発達を制御しているのがジヒドロテストステロンと云う物質で、これは男性ホルモンであるテストステロンから、5αリダクターゼと云う酵素の働きに拠ってつくり出されたものである。
5αリダクターゼの働きが強まると、男性型脱毛症の症状が進むと云うわけである。

糖尿病や心臓病等の基礎疾患がある人も施術を受けるのはむずかしいものだろう。
心臓病の人では手術が体の負担に成るし、糖尿病の人は植毛の際の患部が化膿しやすくなる。

最後に、広い範囲で脱毛が進んでいる人、植毛後の待望が大き過ぎる人にも自毛植毛は向こない。
なぜなら自毛植毛に使用する材料はあくまで自身の後頭部から切り取る一部の頭髪で、その数が限られているからである。
自毛植毛術の限界を把握する事も肝心である。



[PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ

  • カテゴリ

    タグ