市販の育毛剤を多種多様試している人はたくさんいるが、ドクターと対話してまで本格的に治療を考慮している人はまだおおくはないかも知れない。
まだ自身でなんとか対処出きる、と云う思いや、クリニックでの治療は莫大な費用がかかると云うイメージをもっているからじゃないだろうか。

我々の髪の毛は、毎日シャンプーやブラッシングをする度に何十本か抜けていくのだ。
また髪をつかんで引っ張れば抜けるし、ストレスという心理的負荷からごっそり抜けてしまう事も有る。
年をとれば自然に髪は細くなり、ボリュームが減少してくる。
また人に拠ってはある年齢から額の生え際や頭頂部の髪が発達せず、段々うぶ毛のようになり、髪の毛の本数も減少していく事も有る。
これを男性型脱毛症とよぶ。

移植した髪の毛が一時的に抜けたり目にみえて効果があらわれるのに長期間を要したりするのは、自毛植毛の目的が、髪の毛を植えるのではなく[毛包]を植える事にあるからである。
髪の毛を作成する毛包を移植し、長い目で観て自身の髪の毛をそこに生えさせる方法であるためす。

ストレスという心理的負荷にも人間関係や将来に対する懸念等の心理的ストレスという心理的負荷、仕事のノルマや残業、昇進等の社会的ストレスという心理的負荷、病気や睡眠不足等の肉体的ストレスという心理的負荷、紫外線や煙草、冷暖房等の物理的ストレスという心理的負荷等実にたくさん有る。
また[嫌だな]と苦痛に実感する事ばっかりがストレスという心理的負荷であるためではなく、自身では楽しいとか気持ち良いとおもっている事でも心がググッと動作する時には気付かないうちに体がストレスという心理的負荷を実感していると云う話も有る。
今いっぺん自身の生活を改善して、どこかで気持ちが無理していないか、耳を澄まして心の声を聴いてみて欲しい。



カテゴリ

タグ