男性型脱毛症をカバーする方法の1つとして植毛が有る。
また人工毛を使用した植毛と自毛植毛の2通りがある事も談じた。
ここでは現状、より安全性が高いと云われる自毛植毛にかんして、その手術法を案内したいとおもう。

我々の髪の毛は、毎日シャンプーやブラッシングをする度に何十本か抜けていくのだ。
また髪をつかんで引っ張れば抜けるし、ストレスという心理的負荷からごっそり抜けてしまう事も有る。
年をとれば自然に髪は細くなり、ボリュームが減少してくる。
また人に拠ってはある年齢から額の生え際や頭頂部の髪が発達せず、段々うぶ毛のようになり、髪の毛の本数も減少していく事も有る。
これを男性型脱毛症とよぶ。

これ以外、ティシュエキスパンダー法と云う方法も有る。
これは髪の毛のある部分の皮下にシリコンバッグを挿入し、そこへ生理食塩水を少しずつ入れてふくらませ頭皮を伸ばし、ゆとりの出きた頭皮で脱毛部分を覆う方法である。
瘢痕性の脱毛症によく用いられる方法である。

ケラチンは相当のアミノ酸から構成されているし、ビタミン・ミネラルにも相当の種類が有る。
どのような食品にどのアミノ酸やビタミン・ミネラルが含有されているのかを全て把握するのはまず不可能だろう。
その為、あまり細かい事には捉われず、同じような食事内容を何回もくりかえさないよう心がけ、相当の種類の食品を口にするようにすべきだろう。
赤、青、黄色と彩りのよい食事は釣り合いもよい、と聴いた事が有る。
ご参照事項まで・・・・・・



カテゴリ

タグ